ノーベル平和賞受賞者カイラシュ・サティーアーティさんのスピーチを聞きに

Posted on Posted in ブログ

皆さん、こんにちは
SOCJ(Save Our Children Japan)の’さかき’です。

昨日(5月14日土曜日)に昨年ノーベル平和賞を受賞されたカイラシュ・サティーアーティさんのシンポジウムに参加させて頂きました。

ノーベル平和賞受賞者カイラシュ・サティーアーティ氏来日記念 公開シンポジウム link

特定非営利活動法人ACEホームページより引用

当日、子供の労働についての知識があまりなかった私達でしたが、今回の参加により下記の事をお勉強させていただきました。

世界には私達の知らないところで、9人に1人が児童労働している現状が確認されているそうです。
子どもが働いている理由:
・学校へ行っても意味がないと言う大人の偏見
・女の子は教育を受けなくても良いと言うその国の古い考え方
・両親の失業

この労働にさらされた子供達が受ける影響:
・教育を受けられない
・健康的な発育を妨げられる
・危険を伴った労働
・子供を搾取する労働(児童ポルノや売春、人身売買など思わず心臓が縮むような労働があります)

そして、この児童労働は私たちの住むアジアとアフリカが多くを占めます。

この様なさまざまな問題に対して、カイラシュ・サティーアーティさんがされている活動の動悸、経緯、内容、課題をお話しいただきました。

そして何よりも彼から頂いた三つのDのお話はとても心に残るものでした。
Dream (したい事の夢を持ってください。)
Discovery (自分で何が出来るか発見してください。)
Do (行動に移してください)

これがあれば世の中にはできない事はない、そしてやるのは他の人ではなく「あなた」ですと。

とても勇気をいただき、励まされるお言葉でした。

彼の活動と彼自身を是非とも見てみて下さい。
カイラシュ・サティーアーティさん link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *