SOCJのメンバーを紹介します!

Posted on Posted in ブログ

皆さん、ごきげんよう♪
SOCJ(Save Our Children Japan)の’よしもと’です。(^-^)/


関東もようやく梅雨明けし、蝉の鳴き声も聞こえ夏本番ですね!
しかしながら、暑さに弱い私は、お日さまから隠れながら暮らしおります。

さてさて、今日は私たちSOCJの活動を共にしている役員メンバーをご紹介します。
それぞれの活動拠点、役割、参加した経緯や意気込みなど、暑い日曜日に”熱い思い“をお届けします。

——————-
代表 榊 公子

東京都在住。
活動エリアと役割:首都圏/広報・企画・マーケティング・IT

日本という国を知り日本という国に生きる事で、沢山の幸せや喜びを知るとともにこの法人を作るもとになった「子どもを取り巻く社会問題」に直面しました。

「出来る事から確実に」。私とパートナーの芳本の小さな力が沢山の人と関わる事により、今現在の役員・会員様とのつながりという大きな力になり、法人化が実現しました。

「人との繋がりを力に」私の中のモットーです。
そして守るべき子供たちの為に、出来る事から1つずつ、日々邁進していきたいと思います。
——————-
副代表 芳本 聖子

山口県生まれ。東京都在住。
活動エリアと役割:首都圏/広報・企画・マーケティング・会計

私には小さな頃から「人の役に立つことがしたい、人を笑顔にしたい」という夢があります。
ある日、榊が私に子どもを救える方法はないだろうかと相談してきたことが、そもそもの始まりで

今では共感してくれる人たちが集まり、法人を立ち上げるまでになりました。
自分一人では微力です。でも、活動を通してさまざまな人と出会い、つながっていくことで、多くの微力の集まりが、

いつか社会を変え、環境を変える大きな力になると信じ、猪突猛進してまいります。
——————-
理事 細越 賢紀

青森県在住。
活動エリアと役割: 地方の現状調査・把握と地方子供食堂・行政との連携・都内での活動の補佐。

ニュース等で日本の子供の貧困について取り上げられていたのを見た矢先に代表から声を掛けて頂いたのがきっかけで活動に参加しました。
掘り下げていく毎に浮き彫りになる貧困を真剣に受け止めながら活動にあたっています。
皆さんと一緒に学びながら力強く活動していきたいです。
——————-
監事 加藤 三紀彦

愛知県生まれ。東京都在住。
活動エリアと役割: 首都圏/広報

代表に声をかけられたのをきっかけに、日本における貧困問題を色々調べて行くうちに、

世界中から豊かな国であると思い込まれている日本にもそんなに多くの満足に食事をすることができない子ども達がいる事を知りました。

そして、その事実に驚き、今まで知らずにいた自分を恥ずかしく思いました。一方で、少しでも子ども達の役に立ちたいとい思い、

この活動に参加することを決意しました。

まだまだ勉強不足ですが、一つ一つ自分のできる事からこの活動を頑張っていきたいです。
——————-

今回は役員メンバーのみの紹介しましたが、その他にも熱いメンバーたちと共に活動しています!

地域の皆さまや団体や法人の皆さまと共に、子ども達が安心して笑顔で育つ日本にするべく活動をしていく、私たちSOCJメンバー一同を何卒よろしくお願いいたします。

カブトムシ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *