新学期がスタートしました!

Posted on Posted in ブログ

皆さん、ごきげんよう♪

SOCJ(Save Our Children Japan)の’よしもと’です。(^-^)/


夏休みも終わりついに新学期がスタートしましたね。
今日は「新学期」をテーマにしたニュースを紹介したいと思います。

まず、面白いニュースで新学期の前には2種類の子どもがいるという記事を見つけました。

① 学校に戻るのを楽しみに、ワクワクしている子ども
② 学校に戻るのが嫌で、駄々をこねてしまう子ども

参照:http://rocketnews24.com/2016/08/31/790696/(←笑ってしまう写真掲載ありです。)

みなさんは、どちらでしょうか?
私は、どちらかというと①のほうでした。
新学期前日は楽しみで興奮しすぎてなかなか寝付けずにいた記憶がございます。
まあ、私の場合は片思いしていた男の子に早く会いたいという不純な動機だったのですが。(〃ノωノ)

さらに、衝撃的なニュースが飛び込んできました。
それは、夏休み明け前後に子どもの自殺が急増する傾向があるとして、文部科学省が、自殺の予防対策に取り組むよう教育委員会や学校に呼び掛けているというもの。
参照:http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG16H4U_W6A710C1CR8000/

8月の終わりに青森市立浪岡中学2年の女子生徒が25日、列車に飛び込み自殺を図ったニュース、みなさんの記憶にまだ残っているのではないでしょうか。
参照:中2女子生徒が自殺か、青森 いじめ有無調査 – 共同通信47NEWS

子どもの自殺の原因には、「学校でのいじめ」、「学業不振」、「家庭の問題」など様々です。
自殺をしてしまった子ども(未成年者)たちは大人たちに失望し、助けを求められる環境になかったのではないだろうか・・・もしも周りに信頼し、相談できる大人たちがいれば救える命だったのではないだろうかとやるせない気持ちになってしまいます。

未成年の自殺は増える一方で希望の兆しもございます。

それは、日本中で広がっている子ども食堂の存在です。
地域の大人たちで子どもを見守り、子ども達がいつでも大人に頼れる環境づくりに目指し活動されている方が多くいらっしゃいます。

こうした、大人たちの取り組みにより、子どもの抱えている闇を察知し、1人でも多くの子どもの命を救える日が来ることを願います。

そして、新学期にはみんなが揃って笑顔で登校日を迎えられますように。

~SOCJでは全国の子ども食堂さんを応援しています!~

教室

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *